年収200万の女性の職業と貯金額

私はやりたいことのために飲食店に転職をしたので、年収200万になりました

20180418004542 - 私はやりたいことのために飲食店に転職をしたので、年収200万になりました

年齢33、飲食店勤務の女です。三年前に会社員から転職をしました。

職場は5人ほどでやっている小さな飲食店です。職場の近くでアパートを借りて一人暮らしをしています。

大卒ですが、夢の実現のために転職をして、年収200万~300万と減ってしまいましたが、仕事はやりがいを、持ってやっています。

33歳の一人暮らし女で、手取りの給料は17万円ほどです。
貯金額は会社員の時に貯めておいた250万ほどです。今は貯金が増やせる状態ではないので、そこが不安です。

女一人暮らしなので家賃・光熱費・食費などが毎月かかります。
洋服や美容にかけるお金はほとんどありません。時々ドラッグストアて化粧品を買い足す程度です。

外食は仕事の仲間と月に1度ほど行っています。月に5000円程度までと決めています。アルコールは全く飲まないので、そんなに食費はかからない方だと思います。

 

年収200万の女の私は、もうすぐ結婚するので頑張って貯蓄に回します

 

年収200万ほどですと、貯金に回せるお金がほとんど無いので、保険などにお金をかけていません。

もうすぐ結婚の予定があり、共働きをすれば少しですが余裕がでてくると思うので、保険や貯金などにまわしていこうと思っています。

しかし、出産や育児など将来にかかるお金のことを考えると正直不安です。
自分が働けなくなる期間や子どもの教育費など、先のことを考えてなるべく貯金はしておきたいです。

田舎暮らしなので、車がないと生活できないのですが、車もガソリン代や維持費がかかります。
もう少し給料の良い仕事に転職も考えているのですが、年齢も年齢なので、出産や育児がそろそろかと思うと、なかなか転職もしづらい状況です。

 

年収200万、50歳、一人暮らしの女性の私の仕事は事務職

f:id:svam6479:20180418004357p:plain

年齢50歳、仕事は事務職で働いている女性です。

年収200万円台の280~290万円。独身でひとり暮らしをしています。

持ち家やマンションなどはなく、民間の賃貸物件に住んでいます。平成28年民間給与実態統計調査」統計によると、女性の平均年収は280万円となっているので、低いと思いますが平均的な数字なのだと思いますが、将来が不安です。

働いている職場は、地方都市にある従業員50名以下の中小企業、仕事は事務職です。そのため、首都圏に本社があるような大企業に比べると給料は低いです。

年収は200万円台の280~290万円程度。手取りにすると約2割引かれて230万円前後になってしまいます。
国税庁平成28年民間給与実態統計調査」によると、女性の平均年収は280万円との統計があります。この数字を見る限りでは、平均的な給料に思えますが、これは主婦として扶養範囲内に年収を抑えて働いている人も含まれている数字だと思います。

 

独身で年収200万の女の私の貯金額は50万ほどで将来が不安

 

独身ひとり暮らしで生活するには決して余裕があるとは言えません。
むしろ、将来のことを考えると不安しかないです。

年収200万円台だと、洋服は低価格のファストファッションばかりです。ブランドものなんてとても手が届きません。

美容も安いブランドのコスメをさらに激安ショップでセール時に購入するという節約ぶりです。もちろん美容院へ行く回数も少なめで、3か月に1度です。

外食も高価なレストランなどは避け、手軽な居酒屋チェーンや安くて美味しいお店を探しては、そこを利用しています。

そんな中でも、年に1度の旅行だけは楽しみにしています。貯金額は50万円程度。もちろん住居は賃貸です。
独身でこの様な200万円代の年収のため、将来貰えるであろう年金額も低く、老後のことを考えるととても不安です。