年収200万の女性の副業・在宅ワークの体験談

年収200万の女の私は、将来は在宅ワーク1本で食べていきたい

20180411190856 - 年収200万の女の私は、将来は在宅ワーク1本で食べていきたい

私は年収200万、34歳の独身女性です。日本語表現に関する学科を卒業しました。

当時は役にも立たない勉強だと馬鹿にされたものです。しかし現在ではわずかであれ飯の種となっております。

趣味中心の生活を常に画策していても、家事とパートの両立でくたくたです。ゆくゆくは在宅の仕事一本にして、通勤ゼロ時間を実現したいなと思っています。

年収:200万
副業:3 テレワーク・小説・家業手伝い
女:34

在宅を始めたきっかけは小説の執筆でした。本を作ってほしいというお誘いがあり、表紙データの作成や、目次、あとがきデータと作り方も学びました。
教えてくれたのはツイッターなどで知り合った人や、印刷会社の方です。

当時はネットショップで働いており、PhotoshopIllustratorに触れる機会ができたばかりでした。

自力で作ると原価が抑えられる、という点や、本にこだわりが出せるな、読んでる人を飽きさせないな、と思い、技術を磨きました。
趣味で書いていたものが、初年度に40万ほど売り上げが上がり、欲が出ました。

 

年収200万の女の私は、在宅ワークが最優先なので、残業がない職場を選んでいます

f:id:svam6479:20180411191041p:plain

ネットショップのつぎの職場でも、自分が書く時間を確保できる勤務契約にこだわりました。残業は絶対にNGです。

子育て中の方と同じ、9:00-16:00というシフトにしていたこともあります。それぞれの仕事を本職とは言いながらも、気持ちのウェイトはいつも小説を書くほうにありました。

現在はパートと小説と、こういったテレワークのお仕事のほかに、家業を手伝っています。

家業分の収入がいくらになるのか、今年が初年度のため計測できませんが、とても忙しいので年収アップにつながればと思っています。

 

在宅ワークの売り上げの目標は小さく設定して楽しんでします

f:id:svam6479:20180411191226p:plain

ランサーズではアンケートを中心に、今月の目標金額は千円
ココナラでも目標千円。
プラチナライターでも千円。
目標は小さく設定しています。
小さなミッションをクリアすることがゲーム感覚で楽しいです。

パートのほうはとても時給が安いです。一日働いて、5400円です。
ですが、家族の看病などでふいに休めることを了承してもらっており、働きやすさで選びました。もちろん絶対に残業や休日出勤に応じられない旨も了解してもらっています。

自適な生活を確保するためとはいえ、同年代の働く女性に比べたら、所得は低いほうだと思いますが、お金より小説を書いているほうが幸せです。

パートの賃金だけでは、車の維持費等まとまった金額の用意に困りかねないため、副業を増やして補ってみようと思いました。将来的に自宅で働けたら最高です。

bgt?aid=161015188859&wid=001&eno=01&mid=s00000013140003019000&mc=1 - 年収200万の女の私は、将来は在宅ワーク1本で食べていきたい 0 - 年収200万の女の私は、将来は在宅ワーク1本で食べていきたい