Just another WordPress site

年収200万の女性の私がしている在宅ワークは、ノルマがあり厳しい仕事

20180410210404 - 年収200万の女性の私がしている在宅ワークは、ノルマがあり厳しい仕事

37歳、小学生と幼稚園児のいる母親です。上の子が小学校入会と同時に以前までしていた会社を退職しました。

夏休みなどの長期休暇をまるまるお休みできる外での仕事はなかなかな見つけることが出来なかったので、自宅でできる仕事を探しており現在の仕事に辿り付きました。

それは会社には所属していますが、自宅でできるようなお客様の質問をメールで答えたり、HPを作ったりする仕事です。

現在は、子供との時間もしっかり取ることが出来、僅かですが自分の収入も確保でき満足しております。

上の子どもが小学校に上がる時、勉強をみてやらないと不安だったこと、児童クラブに遅くまで預けるのは可愛そうだなと思い、それまで勤めてきた会社を思い切って退職しました。

同時に、下の子は保育園でなく、しっかりと幼稚園で勉強をして欲しいという気持ちも強かったため、もったいないとは思いましたが主人と相談し、退職の道を選びました。

 

自分にも使えるお金があれば良いなと思い在宅ワークを選びました

f:id:svam6479:20180410210535p:plain

主人の稼ぎだけでも生活は成り立ちますが、自分の稼いだお金ではないので自由に使う勇気がなく、自分も収入を得たいと思いました。

在宅の良い点は、自宅にいるのでやりたい時に仕事が出来ること、子どもの勉強や習い事のサポートもしつつ、児童クラブに入れることもなく生活ができることが一番の魅力です。

また、子どもを病院に連れて行くというような不測の自体でも気軽に連れて行けることも魅力です。
デメリットはやはり、土日も縛られることが多いです。

私がしている仕事は、シフト制で、土日のどちらかは必ず出ないといけない決まりになっています。
それが出来なければ退職させられてしまう厳しい環境です。

1日のうち、ここまでやらなければいけないというノルマもあり、そこまで終わらなければ子どもが急病であろうが、インフルエンザであろうが夜遅くまで仕事をしなければいけません。
これが一番辛いところだと感じます。

また、有休制度があるわけではないので、運動会などのイベントの日も仕事をしなければなりません。
このようなメリットデメリットをあげてみると、デメリットの方が多い気がします。

 

選んだ在宅ワークは結構大変なので、また落ち着いたら外で働くことも考えています

 

しかし、外に出て子どもの行事や、熱が出たので休みたいなどの休みを頂く精神的ストレスと比べたらこのデメリットの多い在宅ワークをした方が良いのではという結論から現在も継続して仕事をしております。

年収的には、250万程度ですが、自分のものを自由に買ったり、子どもと出かけたりできるのは魅力的です。

二人の子どもが小学生になったら、この仕事は一旦やめて、外でもう一度働いてもよいかなと思っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今より収入を上げたい女性はコチラ




在宅や空いてる時間に稼ぎたい方♪

お得に生活♪好きな商品を試して稼ぐ