年収200万の女性の職業と貯金額

年収200万の女性の私の職業は銀行員です

20180402191210 - 年収200万の女性の私の職業は銀行員です

37歳で銀行のデータ入力事務(派遣社員)をしている女性です。口座開設や諸変更手続きの個人顧客申し込みの不備判定などを行っています。

年収200万真ん中程です。都内在住、都内勤務で平日のフルタイム勤務です。

現在の年収でなんとか生活していけています。月の手取りは17万円前後です。実家に住んでおり、ほんの少し住居費は渡していますが、一般的な家賃よりずっと少なく、また光熱費もないのでだいぶ救われています。

 

年収200万の私の貯金額は200万と投資が他に200万あります

 

おおよその支出の内訳は、被服費10000円・美容代5000円・外食30000円などです。未婚で、お付き合いもしていません。

必ずしも結婚したいとは思わず、結構いい年齢ですがそこは楽観的です。貯金額は200万弱ですが、個人向け国債日本株式・外貨預金・イデコ・ソーシャルレンディングへの投資が計200万強あります。

それでも一般的な平均保有額には満たないですが。。不安なことは将来の生活ですね。経済面や介護等、精神的にも肉体的にもしんどくなる日が来ると思います。

ですが、ただそれを悲観するのではなく、いろんなリスクを想定して今から出来ることに取り組んでいっています。

投資の勉強や副業を通じてスキルアップ、また趣味を充実させて日々を楽しむことや、人脈を大事にしていく事で、リスクは防止・軽減されると考えています。職業も現在のものにとらわれず、様々な分野にチャレンジして視野を拡げていきたいです。年収200万台より上は着実に目指したいです。

 

年収200万の女性の私の職業は、地方都市の販売員で正社員です

f:id:svam6479:20180402192431p:plain

地方都市で年収200万円ほどで働いている26歳の小売販売店社員です。学校を卒業して入社したそれなりの企業を退社してからはアルバイトで最低賃金で働いたりしていました。その後、現在の会社で正社員として働いています。

手取りは17万円ほどですが実家で暮らしているため、現在の収入でなんとかやっていけています。

しかし同世代と比べてボーナスは少なく年収200万円は正直この職業を続けていても・・・、と思い不安になるほどの低所得です。

洋服は制服があるため仕事にかかる被服費は少なくすんでいます。
私服や化粧品などは気に入ったものであればあまり我慢することなく買っています。
そのため月によって差はありますが3万円くらいは自分のお小遣いとして使っています。

友人などに誘われて外食に出る以外はあまり外食を好まないので月1万円くらいかと思います。

 

年収200万の私がこつこつ貯めた貯金額は120万

 

若い頃に一度会社を辞めた時にかなりの散財をしてしまったことが原因で貯金額は少なく、毎月少しづつ貯金をして現在は貯金額は120万程となりました。

しかし、将来のことを考えると頭が痛くなってしまいます。
周りの友人たちが次々に結婚をしているのですが、相手の男性が自分を養えるほどの収入と安定を持っているのなら良いのですが、そうでない場合、現在の自分の収入と貯金額を見てみると結婚するのはまだ先のこととなるかと思います。

老後の資金も貯めていきたいので子供を持つ持たないも考えどころの一つです。
子供を産み育てるには大きな金額が必要だからです。
現在26歳ですので、これから先の将来を考えると不安で不安でしょうがありません。