お金がなくて心は荒むときはどんな時?主婦に聞いてみました。

主婦の私がお金がなくて心が荒むときは、友達とランチの約束をする時

2018 09 24 15h46 41 - 主婦の私がお金がなくて心が荒むときは、友達とランチの約束をする時

日々の生活に追われて、毎日きりつめていると、誰かと比べてしまったり、妬みの気持ちが生まれたり、心に余裕がなくなることもあると思います。

特に女性はあるのではないでしょうか。

主婦の話を聞いてみました。

 

独身時代から仲の良い友達がいるのですが、たまにランチに行く約束をします。

しかし、毎回彼女が誘ってくるお店はランチタイム中でも一人数千円はするところばかりです。

本音を言えば行きたいのですが、生活費のことを考えると気軽にその誘いを了承することもできず、心が荒みます。

友達は独身で会社勤めをしているため、経済的な余裕はあると思います。

しかし私は旦那の扶養に入りながらパートをし、子育てをしているため、正直生活に余裕はありません。

切り詰めても、毎月の生活費がカツカツな時もあります。

友達のことは大好きで、ランチに誘ってくれることもとても嬉しいのですが、そんな高いお店を普通に選ぶことが出来る友達のことが若干妬ましく思います。

また、こちらの懐事情を考えずにそんなお店を提案してくること自体にも、イラっとしたことがありました。

しかし全ては私にお金が無いことが原因です。

そう自分でもわかっていますし、友達には何も悪気はないのでしょうが、それでもどうしようもなく一人心が荒み、イライラしてしまう自分に嫌気が差すこともあります。

 

f:id:svam6479:20170207224027j:plain

主婦のお金がなくて心が荒むときは、食べたいものを我慢するとき

 

人間にとって食欲、食べることは一番の楽しみであり、毎日必要になることです。

むろん、食事にはお金もかかるし、おいしいもの食べようとすればお金もかかってくることはいうまでもありません。

たまにはおいしいものでもたべにいきたいなんて、普通に考えます。

そんな時に家計が苦しい、ちょっとカードの支払いがきついなんていう状態になると間違いなく、ストレスになります。

それもたまにはいいかもしれません。

それが恒常化して食べたいものをいつも我慢しなければならないと慣れば、大きなストレスになり、心も荒んでしまいます。

ダイエットで好きなものが食べられないという状況とは大きな違いがあります。

ダイエットは自分の意思次第ですが、お金がなければ、食べたいものを買うことも外食もできないです。

テレビのグルメ特集や、本屋で立ち読みをしたりインターネットで見たときにどうしても湧いてきます。

お金がないだけで好きなものが食べられない、そんな心は非常に残念な状態。

こうしたことが重なっていくと最終的には大きなストレスになって病んでしまうかもしれません。